So-net無料ブログ作成

2008/08/28 お湯が出ない・・・

ムンバイに戻って3~4日が過ぎた頃、突然バスルームのお湯が出なくなりました。壁のスイッチを押すとランプは点くのですが、湯沸かし器本体に届くまでに断線しているのかもしれません。ということで、修理人を呼んだところまたまた面倒なことになりました。

・・・修理人は、昼12時に来ると言ったのですが、一向に来る気配がありません。15時になり、17時になり・・・と、突然現れました。夕食近くになって現れるとは、本当に人の迷惑を顧みない人たちですね。でも、この国では「来ただけよかった」と考えないといけないのかもしれません(汗)。

<写真1>修理完了
P8270015.JPG
無事、直った湯沸かし器です。やはり途中で断線していて、コードを交換したところ直りました。
ちなみに、湯沸かし器はバスルームの天井裏に設置してあります。

<写真2>天井
P8270013.JPG
おや、外した天井がここにあります。ということは・・・。
そう、修理人は「天井を直すのは大工の仕事だから、自分はこれで帰る」と言い残し、外した天井を残したまま帰ってしまいました。
今度は、大工を呼ばなければなりません。毎度毎度、こんなことの繰り返しで疲れます。。。
nice!(0)  コメント(2) 

nice! 0

コメント 2

シュール・リー

12年経ってもこのあたりは全然進化してませんね。

ウチの会社の新製品の開発がいよいよ最後の追い込みに入ったにもかかわらず、チェンナイのインド人エンジニアは18時にはきっちり帰るそうです。
そのバスに乗り遅れると家に辿り着けないらしい。。。
そして社員がもらした一言
『彼らと一緒に仕事をしていると1日1回は必ず殺意を覚える』
・・・らしいです。

by シュール・リー (2008-09-16 01:02) 

masakono

▼リーさま
1日1回で済めば、マシな方なのでは・・・。

by masakono (2008-09-22 13:49) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。